父のシゴトについて

私の父はとあるバスの運転手をしています。

今日はその父がある賞を頂きました。

これまでのシゴトが評価されて、周りからも賞賛されての受賞だということ。

本当に嬉しいことです。

私が幼稚園の頃、父のシゴトが本当にカッコよく見えて、

自分も将来はバスの運転手になりたいと思っていました。

中学生になり、今後の進路をどうするかみたいな時期に

「ちゃんと考えないとダメだぞ。お父さんみたいな運転手になるんだったら別だけどさ」

と言われ、シゴトに誇りを持ててるのか?なんてちょっと憤ったこともありました。

その後、本当にいろんなことがあり、父とは離れて暮らすことになり、

大変なシゴトであることは分かっていつつも、父のシゴトについて考えることは少なくなりました。

自分は今、キャリア講師のシゴトをしていますが、シゴトを捉える上でヒントになっているのは

やっぱり身近な家族のそれが大きいです。つまり父や母のシゴトを見て育ち、自分のキャリアを考える。

多くの人がそうなのではないかと思います。

経営者の息子はやはりなんだかんだで経営者を目指します。

職人の子は職人気質なシゴトを選ぶ傾向が強いです。

それくらい親の背中は大事なんだな、と思います。

今回父のシゴトをこんな形で改めて考えて、自分のまだまだな部分がたくさん見えてきました。

スキルだけでなく、気持ちの面、在り方の面が強いです。

自分のシゴトも見つめなおしていきます。

そして、幼稚園の時の自分に言いたいのは

「やっぱりキミのお父さんはかっこいいよ」

ということです。

本当におめでとう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存